読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文章/引用/メモ

文章の引用 気になった部分 なぜ気になったのかなど

脳が読みたくなるストーリーの書き方

 

脳が読みたくなるストーリーの書き方

脳が読みたくなるストーリーの書き方

 
  1.  読者はなぜ?を探してる
  2. 登場人物が状況にどう反応するか?
  3. 手に負えない状況に対する人間の反応
  4. ゴール到達の妨げになるような問題に直面させる
  5. 物語で最も大事なのは、プロットがどう主人公に影響するか
  6. 主人公の内面の問題に、主人公を直面させる。主人公の変化が物語。
  7. 深く根付いた恐怖、頑なな誤解、問題のある性質
  8. 乗り越えられると思えない試練を乗り越える。
  9. 彼女が本当に欲しかったものとは?
  10. あなたが感情的に知っていることを書け
  11. すべての出来事はゴールに従う
  12. 唯一の真の発見のたびとは……未知の土地を訪ねることではなく、新しい視点を持つことだ
  13. 主人公の最大の敵は主人公自身
  14. 外面的な問題が物語にドラマを生むのは、主人公が自分の問題を克服するためにはそれに直面しなければならないときだけ
  15. 物語とは変化を描くものである
  16. 物語前と物語後での主人公の違い
  17. 登場人物とは行動のことである
  18. もしこんなことが起きたとしたら……?
  19. 具体的に!
  20. 曖昧なことを書くな!
  21. 物語とは変化の記述であり、変化は避けがたい対立からしか生まれない
  22. ひとつの人生を捨てなければ、もうひとつの人生に入っていくことはできない
  23. 変化は自分自身の一部を手放すこと
  24. 主人公が真実と信じていることVS実際の真実
  25. 主人公が求めるものVS主人公がすでに持っているもの
  26. 主人公が求めるものVS主人公が期待されているもの
  27. 主人公VS主人公自身
  28. 主人公の内面的なゴールVS主人公の外面的なゴール
  29. 主人公の恐れVS主人公のゴール
  30. 主人公VS敵対者
  31. 語るのではなく見せろとは比喩である。「ジョンは悲しんでいる」と書くのではなく、なぜジョンが悲しいのかを見せる
  32. 恥、屈辱、は成長の糧