読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文章/引用/メモ

文章の引用 気になった部分 なぜ気になったのかなど

書く人はここで躓く

 

  ・シーンに小説を分割する。
・シーンの並び替え、不足しているシーンはないか?
・思いついたシーン書きたいシーンから書いてもよい
・思いついた順と書く順は同じでいいが、読ませる順は違う
・それを境にして生き方の方向が変わる曲がり角を小説は書く。 もう戻れない。 
 小説というトンネルを抜けると何かが変わる
・状況によって人間関係の変化が起こり、変化によって新しい人間関係ができる
・伏線とは設定のフェアなハヤだし。
・いきなり設定を出すと後出しになる。思わせぶりなものを要素を一部分を匂わせる。
・葛藤の変化。
・想いが変化する。憎悪や信念などの感情。
・10作って1書く
・フィクションは空想への制約である
・事実に近ければ近いほどよい嘘になる
・小説は読者にどう感じさせ、どう思わせるか
・「人物の魅力が苦悩を魅力的にする」
・登場人物が遭遇する問題ーーつまり設定はその人間と無関係だが、その人物のそれに対するリアクションの仕方に人間像が描かれ、作品の展開をもたらす
・展開こそが人間像の表現だ
・登場人物同士の人間関係。別の人にだけ明かしている自分。他の人は知らないのにこの人だけは知っている。他の人物によって開示される情報が異なる。性格も言動も親しさも変わる。
・魅力を感じさせるには。美しいと言うのは説明的すぎる。ただ描写で見せる。周りの反応とか。

・欠点が魅力的
・リアリティとは必然性と一回性が合体したもの。その瞬間にしかないもの

・日常の一回性。一つしかない。神の細部。一つしかない変な特徴。他と同じではなく異なる。それを描くことでリアリティがでる。
無声映画のつもりで
・作中人物への情報と読者への情報
・自分の小説を会話の無い小説として考えるとどうなる?