読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文章/引用/メモ

文章の引用 気になった部分 なぜ気になったのかなど

マンガ原作

魅力的な主人公

  1. 応援したくなる
  2. 目的を身近に感じている
  3. 他人と違う個性を持っている
  4. 生活、行動の好き嫌いがはっきりしている
  5. 正義感や優しさを持っている

 

 これにあてはまるマンガや映画を思い浮かべる。

 

応援したくなる主人公のタイプ

  1. 一生懸命努力している
  2. 諦めない、最後までやり通す
  3. 命を大切にする
  4. 夢を追っている
  5. トラブルから逃げない
  6. 仲間のために自分より強い相手に立ち向かう
  7. 主張を代弁してくれる
  8. 孤高、ひとりでも頑張る
  9. 自己犠牲を払う
  10. 人情味がある
  11. 悪を憎む
  12. アイディアで混乱を乗り切る
  13. 目的が共感できる
  14. お人好し、けなげ、素直、同情できる
  15. 未完成の部分を持っている
  16. ハンデを背負っている
  17. 過去に失敗をしている

主人公の目的意識。目的を身近に感じている。目的の役割、意味

  1. 物語の到達地点を知らせる
  2. 主人公の行動指針として
  3. 成長する理由
  4. 困難を乗り越える理由
  5. エピソードの存在理由
  6. 敵キャラと戦う理由

すべてに目的が関わってくる。

 

  1. 悲しいあとに幸せ
  2. 危険のあとに安全
  3. 別れのあとに再開
  4. 破滅のあとに誕生

大変なことのあとにほっとしたい。

なぜ、それをおもしろいと思い、感動したのか。
なぜ、その文章が好きなのか、嫌いなのか。
読者にどのような感情を伝えたいか。
その文章でどうしたいか。感動させたいのか。
本当に心からそう思うのか。

 

感動的な一言、当たり前のことを力強く言う。
「人は生きている」
「俺たちはいつか死ぬ」

 

不利な条件設定をキャラにつける。

作者の誰もが面倒、大変そうだからという理由で不利な設定を設定しない。
その不利な状況からどう変わっていくのか頭を捻る。

主人公をピンチに立たせ、傷つけよ。

「死ぬほど考えても死なないから大丈夫」

 

主人公が失敗や後悔から得た教訓

  1. 兄弟、家族に対しての想い
  2. 理想の人間関係に対する憧れ
  3. 敵対人物に対する感謝と修正
  4. 人生の失敗に学ぶ教訓と反省

はずかしさに目を向ける

「はずかしさに目を向けることが才能である」

 

・うまく行かない出来事を、主人公が手を焼きながら進むことが、物語の王道

怖さを乗り越え決断する。
後悔するかもしれない。死ぬかもしれない。
全責任を主人公が被る窮地に追い込む。

いったいどうやって切り抜けるのか?

 

何かが変わった。変化の自覚。

A→A'

「明日死ぬかもしれないから、今日書き残しておこう」